メニュー

ご挨拶

米澤幸平

 昭和40年(1965年)1月15日に父、米澤繁男(初代院長)が当院を開設しました。平成5年に米澤幸平(現院長、繁男長男)、平成8年に米澤孝信(現副院長、繁男次男)が着任しました。そして、平成18年には米澤嘉朗(現診療部長、繁男三男が着任し、親子4人で整形外科病院を営むことになりました。

 父は、故高瀬武平先生(金沢大学初代整形外科教授)の教室の一期生として、整形外科学の基礎を学び、自らもしっかりと手術のできる整形外科医となる教育を受け、この病院を開設しました。腰椎椎間板ヘルニアの手術は約1500例執刀したときいております。父を引き継いだ3人の息子も手術のできる整形外科病院を継承しました。とくに米澤嘉朗診療部長は、脊椎外科を中心に最近はBKP(バルーン椎体形成術)を多数手がけ、高齢者の骨粗鬆症、脊椎圧迫骨折を中心に高齢化社会のニーズに対応しております。当院は金沢駅から近く、金沢大学整形外科学教室、金沢医科大学整形外科学教室からの応援を多数いただいており、種々の整形外科手術に対応可能ですし、一方近隣でご開業の整形外科の先生方にも当院で手術を執刀していただいております。とてもありがたいことと感謝しております。

 一方で、当院は手術だけではなく、すべての整形外科治療に関連するリハビリテーションに力を注ぎいでおります。整形外科の治療の70%~80%は手術を必要としません。リハビリがとても重要です。手術でも、手術自体の効果が50%で、術後のリハビリが50%とよくいわれます。整形外科にとり、リハビリは一体でありとても大切です。

 また、救急告示病院としての、救急患者様の対応はもとより、平成11年からは高齢化社会を見据えた介護保険の世界にも関わりました。居宅介護支援事業所、短時間デイケア、訪問リハビリなどを立ち上げております。

 父が立ち上げた病院は令和2年(2020年)1月に開院55周年を迎えました。本当に長い間、地域の皆様のご支援をいただき、整形外科を中心に頑張ってくることができました。誠にありがとうございました。感謝は尽きません。

 最後に、たいへん残念なのですが、父米澤繁男は令和2年1月15日の当院の開院記念日に永眠いたしました。約1年間の闘病後のことでした。92歳でした。父の築いた伝統を何とか子供達で守り発展させていきたい決意しております。今後共、どうぞよろしく御指導ご鞭撻の程お願いを申し上げます。

(令和2年3月 記)

院長 米澤幸平

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME